なぜ結婚式でキャンドルを使うのか・・・

こんにちは♪

DolceのIHARAです☆

今日は、披露宴会場やチャペルでよく見かけるキャンドルキラキラのお話を・・・

キャンドルで卓上をロマンティックに演出してある光景を
見たことがあるのではないでしょうか?

20130519_123811.jpg



実は・・・
キャンドルを灯すことには、いろいろな言い伝えがあります。

昔から欧米ではキャンドルの炎は
「天使が幸せを運んでくる尊い炎
と言われていました☆

そして、披露宴の最中によくとり入れられ
定番化されつつある演出の一つとして、
キャンドルサービスがあります。

さていきなりですが・・・
キャンドルサービスはどんな意味を持っているかご存知ですか?

キャンドルサービスの歴史はキリスト教で行われるセレモニーがきっかけです。

キリスト教では祭壇に飾られた3本のろうそくのうち、
両サイドのろうそくをお互いの母親が火をともし、
真ん中のろうそくを新郎新婦が一緒に点火します。

これは、両家の火を絶やさず
次の世代に引き継いでいくという意味あいがあり、
これが今のキャンドルサービスの由来となり、
新郎新婦から幸せの火のおすそわけという意味が込められています♪

他にもいろんな説がありますが・・・
どれもステキなお話です☆


最近では、キャンドルサービス以外にも
新郎新婦とゲスト全員が参加できる
「キャンドルリレー」と呼ばれる
セレモニーがあります☆

幸せが宿る灯火を会場いっぱいにつないでいくことで、
会場に一体感がうまれみなさんと幸せを共有できる
セレモニーとしてひそかに人気を呼んでいます。。。

お二人の想いを伝える形の一つとして
お二人にしかできない演出をしてみてはいかがでしょうか??


その炎の灯火にたくさんの幸せがおとずれますように♪

バナーブログ用小.jpg